(54)【考案の名称】ETC内蔵携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話を持っているだけで、お手軽、簡単に、ETCを利用可能にしたものである。

【従来の技術】

【0002】
現在、携帯電話とETC、両者を融合させたものはない。

【効果】

【0005】
(1)本携帯電話は、通話,メール,ウェブ,一般サイト用途の通常のアンテナ2と別に、ETCアンテナ3、ETC転送アンテナ4を装備することで、通話を中断せず、ETC使用を可能とする。
(2)本携帯電話内蔵のETCは、ハンズフリー状態で機能するため、車を運転しながらの携帯電話使用者の減少とともに、交通事故減少が期待できる。
(3)同乗者が本携帯電話を持つ場合、ハンズフリーにする必要のある者、つまり、運転者にのみ料金請求されるため、誤って、同乗者に請求されるおそれがない。
(4)本携帯電話内蔵のETCは、自動電源ON/OFF機能を搭載する。
ETCアンテナ3は、ETC料金所内のセンサーに反応することで機能し、料金所外では機能しないため、省エネにもなる。

(57)【要約】

【課題】お手軽に、かつ、簡単に、ETCを利用可能にする。【解決手段】携帯電話本体1に、通話,メール,ウェブ,一般サイト用途の通常のアンテナ2と別に、ETCアンテナ3、ETC転送アンテナ4を装備することで、通話を中断せず、ETC使用を可能とする。ETC料金所のセンサーがETCアンテナ3に反応し、ETCゲートが開くという流れとETC転送アンテナ4を介し、料金情報を電話会社へ転送するという流れとが、同時進行するものである。料金は、電話会社が立て替え、立て替え分は、後日、電話使用料金とともに同じ口座から引き落としとなる。但し、本システムは、携帯電話にハンズフリー端子をセットすることにより機能する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):