(54)【考案の名称】郵便はがき型ホワイトボード

(73)【実用新案権者】有限会社ティーピーエス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はホワイトボード特有の筆記性と消去性を備えつつ、窓ガラス・タイル・家具の壁面・冷蔵庫・デスク周り・パソコン周り等の平滑面なら貼り剥しが自由にでき、郵便物として扱うことのできる郵便はがき型ホワイトボードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
通常の郵便はがきは送信者から受信者への通信手段として使用されているが、受信者はその情報を受け取ってしまえばその郵便はがきはしまい込まれるか捨てられる。
また企業の新製品案内・展示会案内等のダイレクトメールも送信者からの情報が伝わればしまわれるか捨てられる。

【効果】

【0005】
上述のように、本考案の郵便はがき型ホワイトボードは、送信者が郵便物としてのはがきの通信機能また企業の新製品案内・展示会案内等の宣伝と広告効果をより増大させ、受信者はホワイトボードとしての伝言板機能を活用できる。
【0006】
いままの郵便はがきや企業のダイレクトメールは受信者にとって活用できる機能が無かった為しまい込まれるか捨てられていたが、平滑面なら自由自在に貼り剥しができる特徴を備えた従来のホワイトボードにない手軽なホワイトボードとして活用できる。
【考案を実施するための形態】
【0007】
以下、添付図面に従って説明する。〔図1〕本考案の郵便はがき型ホワイトボードの断面図である。〔図2〕本考案の郵便はがき型ホワイトボードの表面である。〔図3〕本考案の郵便はがき型ホワイトボードの裏面(宛名書き面)である。
【0008】
本考案の郵便はがき型ホワイトボードは2:合成紙(ユポ素材)を基板とし基板の裏面に再剥離性粘着剤や特殊樹脂層を要する3:自着性フィルム(再剥離性粘着剤や特殊樹脂層を要する素材)に貼着加工し、基板の表面にホワイトボードとしての伝言板スペースを残しつつ枠・イラスト・写真等を印刷し、その上に透明な1:ポリオレフィン系樹脂フィルムを接着することによりホワイトボード特有の筆記性・消去性を備えた伝言板の機能を果たす。そして、3:自着性フィルムの4:剥離紙の裏面に5:上質紙を貼着加工することで宛名書き面として筆記特性・印刷特性を有する郵便はがき型ホワイトボードになる。
【0009】
企業の新製品案内・展示会案内等のダイレクトメールの従来の機能に宣伝広告の効果増大・販促費用の節減・顧客へのイメージアップに活用できる。

(57)【要約】

【課題】郵便はがきが通信手段としての情報伝達、また企業の新製品案内・展示会案内等の宣伝と広報効果としてのダイレクトメールに、受信者が利用できる機能を加えることで情報伝達の役割を果たした後でしまい込まれず、また捨てられないようにする。【解決手段】ホワイトボード特有の筆記性と消去性を備えつつ、窓ガラス・タイル・家具の壁面・冷蔵庫・デスク周り・パソコン周り等の平滑面なら貼り剥しが自由にできるように再剥離性粘着剤や特殊樹脂層を要する無地シールの表面にポリオレフィン系樹脂フィルムを貼着加工し、剥した後に糊残りのないホワイトボードとしての伝言版機能と郵便はがきの機能を一体化する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):