(54)【考案の名称】ウェルネス体操のためのトレーニング用具およびトレーニング用具組み合わせ体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、ウェルネス体操のためのトレーニング用具に係るものであり、特に、健康的に無理なくウェイト調整並びにサイズ調整を図り、且つ、内蔵の強化機能、疲労回復機能を併せ持ち、ひざ痛、肩痛、腰痛の解消に効果的に作用し、バランスよく身体を鍛えるように工夫してなるウェルネス体操のためのトレーニング用具並びにトレーニング用具組み合わせ体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
周知のように、健康の管理、疲労回復、ウェイトの調整あるいは身体各部分の鍛錬などを目的とするエクササイズ器具あるいはトレーニング器具は、多種多様に開発され、提供されてきている。しかしながら、従来のエクササイズ器具あるいはトレーニング器具は、極めて複雑な構造のものであったり、操作が煩雑なものであったり、嵩だかであって重いものであった。また、従来のエクササイズ器具あるいはトレーニング器具は、総じて、経済的に高価なものでもあった。さらにまた、従来のエクササイズ器具あるいはトレーニング器具は、機能性に乏しく、それぞれが特定のエクササイズあるいは特定のトレーニングのためのものにすぎず、多機能性のものではなかった。

【効果】

【0012】
この考案になるウェルネス体操のためのトレーニング用具は、弾発性を有する立方体形状でなるスポンジ製の芯部材と、前記芯部材のまわりを包囲するカバー部材との組み合わせでなり、使用者が異なる複数の姿態で外力を加えることによって弾発的に変形し、使用者の各種部位に各種反力を付与するようにしたものであり、極めてシンプルな構造でなり、嵩張らず軽量で操作性に富み、経済的にも有利であるなどの点において極めて有効に作用するものといえる。
【0013】
さらに、この考案になるウェルネス体操のためのトレーニング用具は、健康的に無理7 賽の目表示
なくウェイト調整並びにサイズ調整を図ることができ、且つ、内蔵の強化機能、疲労回復機能を併せ持ち、ひざ痛、肩痛、腰痛の解消に効果的に作用し、バランスよく身体を鍛えるように工夫したものである点においても極めて有効に作用するものといえる。

(57)【要約】

【課題】極めてシンプルな構造でなり、嵩張らず軽量で操作性に富み、経済的にも有利であり、更に、健康的に無理なくウェイト調整及びサイズ調整を図り、内蔵の強化機能、疲労回復機能を併せ持ち、ひざ痛、肩痛、腰痛の解消に効果的に作用し、バランスよく身体を鍛えるように工夫したウェルネス体操のためのトレーニング用具を提供すること。【解決手段】弾発性を有する立方体形状でなるスポンジ製の芯部材2と、前記芯部材のまわりを包囲するカバー部材3との組み合わせでなるトレーニング用具1であって、前記トレーニング用具に対して、使用者が異なる複数の姿態で外力を加えることによって弾発的に変形し、使用者の各種部位に各種反力を付与するようにしたことを特徴とするウェルネス体操のためのトレーニング用具。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):