(54)【考案の名称】ラック組立て構造

(73)【実用新案権者】イー ジャン インダストリアル カンパニー リミテッド

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ラック構造に関し、特に、ラックの組立て構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
組立て式ラックは分解できる、運搬が便利といったメリットにより、幅広く使用されている。現在、市場に出回っている組立て式ラックはウッド材質、金属材質にかかわらず、様々な種類のものが提供されている。従来のラック構造形態は配管とフレームを組立てたものが多く、各面を金属板、扉板で構成する密閉式ラックはほとんど存在しない。というのも、伝統的な金属製ラックは半田付けで各面の金属板を結合固定しているため、組立て式として運用する場合、接続部の強度が不足するという技術的な問題点に遭遇する。これでは使用者に実用的かつ長期使用に耐えられる製品を提供できないのである。
【0003】
また、一般的によく知られているラック扉板は連結部に蝶番等の金属パーツを使用しなければならない。しかし、これらの金属パーツはねじを使ってラックに装着されるため、木質ラックは直接ねじを固定できるが、金属ラックの場合、予めラック及び扉板にねじ穴を開けなければならず、それだけコストが高くかかってしまう。しかも一般的に普及しているDIY組立て式ラックの場合、ヒンジとねじを使った組立て構造が多く、手間と時間を要する。
【0004】
よって、既存の組立て式ラック構造の問題点を改善し、より理想的で実用性を伴った新型構造を開発することは関連業者の目指すところである。
【0005】
考案者は長年関連製品の設計開発に携わってきた経験を活かし、上述の目標を達成すべく、工夫を凝らした設計を取り入れ、慎重に評価を重ねた後にやっとこのような実用性をもった考案品を開発したのである。

【効果】

【0010】
本考案は背中板の両側と左右側板のu型折縁及びn型折縁となっている接続部の特殊な構造を利用して、背中板と側板を確実に結合固定している。それと同時に棚板支持ユニットの差込部を挿入できる位置決め穴立体空間及び形成ボルトを通して固定できる穴を形成している。このような斬新的な設計を採り入れたことにより、既存のラック構造の欠点を改善し、使用者に簡単に組立てられる、十分な強度をもった板式密閉型組立て式ラック構造を提供し、消費者の様々な需要に対応できる考案となっている。
【0011】
本考案はピボット軸の位置決め部を曲型穴溝に変えた独創的な設計により、そのピボット軸を装着した時、横棒は曲折移動ルートを通じて曲型穴溝の縦向き勘合部に組み込まれ、しっかりと固定される。このことは既存構造の様々な問題を解決し、工具を使わなくてもラックを効率よく組み立てることができるため、実用性を兼ね備えた改良構造といえる

(57)【要約】

【課題】安価で組立てが容易なラック組立て構造を提供する。【解決手段】ラックの背中板の左右両側と左右側板の連結部は、一体型のu型折縁となっており、左右のu型折縁の頂面と底端には凹縁及び穴が設けられている。また、側板前方内壁には縦系凸状スティックがある。棚板支持ユニットは背中板と側板の対向する位置決め穴に取り付けられ、差込部、ストッパー部及び支持部から構成されている。天板と底板はフレーム及びカバー板から構成され、フレーム部は側板と背中板の頂面、底部に装着することができ、対向する内側はそれぞれ凹縁と接しており、カバー板の周辺には折縁があり、天板のカバー板の折縁は側板及び背中板の最上部外側を包み込み、その折縁及びフレームの4隅の内側にはそれぞれ左、右側板の穴及び背中板の穴と対向する穴とねじ穴が設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):