(54)【考案の名称】サングラス補助構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はサングラス特にサングラス補助構造に関わるものである。

【従来の技術】

【0002】
周知のとおり、眼鏡は我が人類にとって、極めて大きい役割を果たしている。視力の改善、強い光線を遮って、紫外線を隔離するほか、顔部と輪郭を美しくすることができる。
【0003】
しかしながら、近眼などの眼鏡がすでに着用し、室外で日差しが強いとき、サングラスに取り替えなければならない。また、そのサングラスは度数付きに限られるため、眼鏡着用する方々に多大な不便を来している。より高いお金を払って、度数付きのサングラスを購入した上、外出のときも随時に携帯必要のため、非常に不便である。よって、ある業者は通常眼鏡に取り付けられるサングラスを開発し、消費者に愛用され、コンパクトで、使用が便利のほか、あらたに眼鏡を購入必要がない。しかしながら、その補助構造のほとんどは、元の眼鏡フレームを修正必要があるため、不便を感じる。
【0004】
通常眼鏡に取り付けるサングラスの多くは、眼鏡のノーズフレームに係止めている。しかし、係止めの不適切や、着用者のジャンプ、走行により、外れて落とすなどがしばしば引き起こすため、利用者に困惑させる。
【0005】
その後、ある業者は磁石で、サングラスを通常眼鏡に吸着させる方式を開発している。しかし、ときどきにサングラスが落とすことが発生する。このため、磁石による吸着とはさみ方式を併用することにより、サングラスが落ちないよう、眼鏡に固定させる。
【0006】
前記した様々な方式について、そのほとんどは体積が大きいや操作が難しい、またはサングラスは特定規格の眼鏡のみに取り付けできる。他規格の眼鏡との組み合わせ使用ができない。

【効果】

【0011】
本考案のサングラス補助構造は、主に磁石の負担をなくし、はさみ板機構を開けることなく、弾力による係止めで、頑丈でサングラスより外れにくい。眼鏡への取り付け、取り外しが簡単なサングラスの提供を主な目的とする。

(57)【要約】

【課題】眼鏡の取付、取り外しが便利であるサングラス補助構造の提供。【解決手段】本考案は、一種のサングラス補助構造に関わる。サングラス、2枚レンズ、ノーズフレームより構成する。ノーズフレームは少なくとも一つ以上の鉤状係止部を設け、鉤状係止部は通常眼鏡のノーズフレームを係止め、サングラスのノーズフレーム内側に弾性部材を設け、弾性部材の取り付け予定場所は係止め部材により、通常眼鏡のノーズフレーム下部両側を係止めて、サングラスを通常眼鏡に固定しておく、組み立て、取り外しが便利である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):