(54)【考案の名称】サイドカー付き自転車

(73)【実用新案権者】株式会社サカモトテクノ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、前輪と後部フレームにより回転可能にされた後輪を有する自転車に関し、特に、後輪の側方に身体障害者や老人、小人等の添乗者が乗車することが可能なサイドカーを設けたサイドカー付き自転車に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のサイドカーを有する二輪車は、例えば、特開平5−330477号公報(特許文献1)に記載された二輪車のように、オートバイからなる二輪車にサイドカーを設けたものであった。このように、サイドカーを有する二輪車としてオートバイからなる二輪車は実在するが、自転車の後輪の側方にサイドカーを設けたものは市場に提供されてなかった。
【0003】
また、図8は特開2001−120600号公報(特許文献2)により開示される従来技術の着脱自在の車椅子付自転車を示す斜視図である。図8によって説明すると、この従来の着脱自在の車椅子付自転車は、自転車本体121の前車輪部を除去し、この前車輪部を除去した部分に車椅子本体101を着脱自在となるように取り付けている。即ち、自転車本体121の前車輪を除去したハンドル支軸128に着脱板110を介して車椅子本体101が着脱自在となるように締着されている。上記構成により、下肢機能障害者等を車椅子本体101に乗せたままで自転車で移動させることができるので、病院やリハビリ施設等に移動させることができて便利である。

【効果】

【0019】
本考案の第1の形態によれば、後輪の側方に連結部材を介して側輪を設けるようにしたから、前輪と後輪と側輪の3輪で走行することになり、安定した状態で走行することができる。更に、連結部材上に設けた乗車部に添乗者を乗せて走行するから、運転者の側方に添乗者を乗せることになり、この添乗者の安全を確認しながら走行を行うことができる。小人を乗車部に添乗させて走行できるものもあるが、特に、この乗車部として車椅子を設けたものでは、身体障害者や老人を車椅子からなる乗車部に添乗させて走行できる。更に、家庭で身体障害者や老人を車椅子からなる乗車部に添乗させて使用することができる。しかも、高齢化社会が進むにつれて老人が多くなりつつある現在、本発明では老人を安全に添乗させて走行できるから、この高齢化社会に最も対応できるものである。また、自転車の前部の車輪は前輪だけであるから、ハンドル操作が行い易い。更に、側輪を設けることによって、前輪と後輪と側輪の三輪で走行することになるから、自転車が傾くことがなく、自転車が転倒することを防ぐことができる。尚、連結部材は、後部フレームに取付固定しても着脱自在に取り付けられるようにしてもよい。連結部材を後部フレームに取付固定した自転車は、構造を頑丈にすることができる。
【0020】
本考案の第2の形態によれば、後部フレームに連結部材が着脱自在に連結されるから、連結部材を連結しない場合は、普通の二輪自転車として走行することができる。また、連結部材を後部フレームに取り付けた状態では、サイドカー付き自転車として走行することができる。従って、必要に応じて二輪自転車としてもサイドカー付き自転車としても使用できて便利である。
【0021】
本考案の第3の形態によれば、後部フレームの側方に補助フレームを固定して、これらの後部フレームと補助フレームに連結部材を連結すれば、連結部材を2箇所で連結できるから強固に連結できる。また、後部フレーム又は補助フレームのいずれか一方に連結部材を連結するように構成すれば、連結部材の着脱を容易に行うことができる利点がある。
【0022】
本考案の第4の形態によれば、チェーンステーとバックフォーク間に設けた補助フレームの縦杆とバックホーク間に固定された横杆に上側連結杆を取り付け、チェーンステーに下側連結杆を取り付ける。このように、連結部材の上側連結杆と下側連結杆の両方を取付けるように構成したから、連結部材を強固に取付けることができる。従って、連結部材を安定した状態で取付けることができ、走行時の振動や衝撃等によって連結部材が外れることを防ぐことができて安全である。また、連結部材は、上下2列の連結杆とこれら2列の連結杆を水平に維持するための複数の縦向き杆を有するから、連結部材の構造を頑丈にすることができると共に簡単化できる。また、縦■、横杆及び上側連結杆、下側連結杆としては、パイプや棒状、角柱状のもの等の様々な形状のものが使用可能である。
【0023】
本考案の第5の形態によれば、上下連結杆の側端側端部に設けられた垂下部材に中心軸を介して側輪を自由回転自在に保持したから、側輪を簡単な構造で保持することができる。この側輪は中心軸に自由回転自在に保持されているから、自転車の走行に連動して滑らかに回転走行させることができる。また、垂下部材に形成された貫通孔に側輪の中心軸が挿入されているから、この中心軸に自由回転自在に保持された側輪が走行中に不用意に外れることを防ぐことができる。
【0024】
本考案の第6の形態によれば、連結部材の上側連結杆をパイプからなる横杆に挿入するから、連結部材の横ずれを防ぐことができると共に、その取付作業を簡単に行うことができる。更に、下側連結杆は、先端の二股状部をチェーンステーに固定された突起に嵌合固定するから、その取付作業を簡単に行うことができる。
【0025】
本考案の第7の形態によれば、上下連結杆がパイプからなるものであるから、上下連結杆を軽量化することができると共に、強固な構造にすることができる。また、チェーンステーに固定された突起がビスからなるものであるから、このビスに嵌合固定される下側連結杆の二股状部を着脱自在に且つ簡単に取付固定することができる。
【0026】
本考案の第8の形態によれば、パイプからなる縦向き杆にスプリングを介して載置台部が取付られ、添乗者が乗る載置台部がクッション性を有しているから、この載置台部に取付られる乗車部に乗車する添乗者への衝撃を和らげることができる。また、乗車部が載置台部に着脱可能に取り付けられているから、添乗者の体形や好み又は用途に応じて最も適した乗車部を着脱自在に取付けることができ、乗り心地を良くすることができる。
【0027】
本考案の第9の形態によれば、側輪が後輪より径が小さく形成されているから、添乗者が乗る乗車部の位置より側輪の上端の位置が低くなり、走行時に側輪に添乗者の手が触れることを防げて安全である。また、サイドカー付き自転車の重心が側輪側に寄った場所に位置することになり、自転車が転倒することを防ぐことができ、安定した走行状態を保つことができる。
【0028】
本考案の第10の形態によれば、籠状乗車部に添乗者を乗せることにより、添乗者が保護された状態で乗車することができて安全である。また、この籠状乗車部は、一般に市販されているものを使用することができて、安価に入手することができる。また、籠状乗車部は後輪の側方に位置するので、運転者がこの籠状乗車部に乗った添乗者の状態を確認しながら運転できて添乗者の安全性を確かめながら走行できる。
【0029】
本考案の第11の形態によれば、車椅子状乗車部に下肢機能障害者や足に支障の有る添乗者等を載せて走行できるから、車椅子を押して走行することに比べて楽に走行することができる。また、病院やリハビリ施設等に早く且つ安全に移動させることができる。
【0030】
本考案の第12の形態によれば、車椅子状乗車部の前部に補助輪が回転自在に取り付けられているから、安定した状態で走行することができる。また、補助輪が回転自在に取り付けられているから、添乗者は一般に使用されている車椅子に乗った感覚で乗車することができて、不安感を和らげることができる。

(57)【要約】

【課題】後輪の側方に側輪を回転自在に設け、後輪と側輪間の連結部材の上部に乗車部を設けて、乗車部に添乗者を乗車させて安定した走行を行え、安全な走行を行えるサイドカー付き自転車を提供する。【解決手段】前輪2と後部フレーム4により回転可能にされた後輪6を有する自転車において、後輪6の側方に側輪9が配置され、後部フレーム4と側輪9が連結部材8で連結されると共に側輪9が回転自在とされ、連結部材8上に乗車部20Aが設けられており、乗車部20Aに添乗者を乗せた状態で、運転者がペダル23を踏み込むことによって走行可能とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):