(54)【考案の名称】無線綴じ製本用ポリプロピレン・シート

(73)【実用新案権者】株式会社オレンジページ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、無線綴じ製本に組み付けるのに適したポリプロピレン・シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の製本技術においては、大別すると、針金綴じ、糸綴じのように針金や糸等の綴じ具を用いた製本と、一般無線綴じ、アジロ綴じ、平綴じ等のように製本用接着剤を使用する製本とがある。本考案の説明において、「無線綴じ」の用語は、製本用接着剤を用いた製本、すなわち、一般無線綴じ、アジロ綴じ、平綴じ等を意味する。一方、これまで、無線綴じ製本の一部のページに塩化ビニール系のプラスチック・シートが使用されているものがある。このプラスチック・シートは公告用ページまたはレシートもしくはカード等を入れるポケットを有するページ等に利用されている(特許文献1)。しかし、近年、環境問題の観点から塩化ビニール系のプラスチック・シートが使用できなくなってきた。
【0003】
塩化ビニール系のプラスチック・シートは、製本用接着剤を使用することができるが、他のプラスチック・シートでは製本用接着剤を使用できないものもある。例えば、クリアファイル等に使用されているポリプロピレン(以下、単にPPと言う。)は、環境問題は起こさないが、製本用接着剤を使用できない。

【効果】

【0008】
本考案によれば、無線綴じ製本の一部のページに組み付けるプラスチック・シートにポリプロピレンを使っているので、環境問題を起こさない。また、シート本体の背側にタック紙を巻き付けて貼着しているので、製本用接着剤の使用をも可能にする。さらに、シート本体に筋押し加工によって折曲げ用溝を設けているので、シート本体の折曲げが容易になると共に、余剰製本用接着剤が漏出しても、その溝が余剰漏出接着剤を吸収することができる。

(57)【要約】

【課題】無線綴じ製本の一部にポリプロピレン・シートを使って環境問題を解決すると共に、製本用接着剤の使用をも可能にすること。【解決手段】PPシート10は、ポリプロピレン(PP)からなるシート本体1と、シート本体の背側に巻き付けて貼着された所定幅のタック紙2とを含む。タック紙2の内側でシート本体に筋押し加工によって折曲げ用溝3が設けられる。シート本体1には、収納ポケット5が設けられてもよい。また、シート本体に文字、絵画、図形、写真等が印刷されてもよい。シート本体は、裏側表紙と製本本体20の最終ページとの間、表側表紙と製本本体の最始ページとの間、製本本体の中間ページに組み付けられてもよい。中間ページは複数でもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):