(54)【考案の名称】小冊子型名刺

(73)【実用新案権者】有限会社サッコグラフィクス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、商品またはサービスの内容などを効果的にかつ詳細に紹介することができる小冊子型名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の名刺のほとんどは、1枚のシートタイプの名刺であって、表面に、会社名、肩書き、氏名などと、住所、電話番号、ファクシミリ番号、メールアドレスなどの連絡先が印刷によって表記されている。また、裏面にローマ字標記または製品案内などが表記されたものもある。
【0003】
従来の名刺は、上記のように、1枚のシートからなり、その面積にも限りがあるから、名刺を渡す相手方に対して、自社または自己の商品情報またはサービス内容などを伝えるためには、口頭で、または別途に用意したパンフレットなどで紹介しなくてはならない。しかしながら、口頭で商品情報やサービス内容を説明しても、相手方に伝わりにくく、伝わったとしてもすぐに忘れ去られてしまう。パンフレットを渡した場合、それを後日相手方が見てくれればよいが、パンフレットは場所をとって邪魔な存在になりがちであるため、内容をよく読まないうちに捨てられてしまうことが多い。したがって、従来の名刺は、相手に情報を伝えるにはあまりにも印刷スペースが少なく、それを、口頭での説明やパンフレットなどで補ったとしても、目論見どおりの効果を挙げることは難しい。
【0004】
そこで、細長いシートを複数回互い違いに折り返し、通常の名刺サイズのシートが複数枚重なった形の折畳み式名刺が提案されている(例えば、特許文献1参照)。この名刺によれば、多くの印刷面積を確保することができるため、一般的な名刺に印刷するありきたりの情報のほかに、商品情報やサービス内容などを掲載することができる。しかし、互い違いに折畳んで重ねられた、連続した細長いシートからなるため、掲載内容をページ順に参照するのに不便であるとともに、折畳み部分がばらけることがあり、整理して保存するのにも不便である。
【0005】
別の従来例として、氏名、会社名、住所、電話番号、メールアドレスなどの名刺情報が記載され、かつ、これらの名刺情報以外の各種情報が2以上の複数面に記載されて折畳まれるとともに、折畳まれて対向する面同士が剥離可能に接着されてなる圧着型名刺も提案されている(例えば、特許文献2参照)。この特許文献2記載の名刺は、相手方に渡すだけで営業活動に必要な多量の情報を相手方に十分に伝達することができ、名刺の厚さを抑え、取り扱いに便利な名刺を提供することを目的としている。しかしながら、基本的には特許文献1記載の名刺と考え方は同じであり、特許文献1記載の名刺と同様の問題点がある。
【0006】

【効果】

【0009】
印刷面からなる複数枚のシートが綴り合せられているため、多くの情報を印刷することによって、名刺を渡す相手方に多くの情報を伝えることができる。複数枚のシートは綴られているため、ページ順にめくりながら読みあるいは見ることができ、紙芝居のように、ストーリー性を持たせることによって、名刺を渡した相手方に、的確に情報を伝えることができる。本考案にかかる名刺をもらった相手方は、従来一般の名刺と異なったスタイルの名刺をもらったことによって印象が強くなるばかりでなく、ストーリー性のある本文部分を読みあるいは見ることによって、名刺をもらった人をより印象強く記憶することになる。従来の、細長いシートを折り畳んだ名刺のように、折畳み部分がばらけることがなく、取り扱いや保存が容易であるという利点もある。
【0010】
各シートを分離可能としておけば、本考案にかかる名刺を受け取った相手方は、必要なページのみを分離して、例えば名刺ホルダに保存することができ、保存や整理が煩雑になることを回避することができる。

(57)【要約】

【課題】名刺に記載する一般的な情報のほかに、商品情報やサービスの内容などを十分な情報量で、相手方に伝えるべき情報を的確な順番で伝え、相手方に強く印象付けることができ、整理や保存が容易な小冊子型名刺を得る。【解決手段】印刷面からなる複数枚のシート2が綴り合せられ、各シート2は名刺サイズであり、表紙と、裏表紙と、商品またはサービスなどの内容を紹介する本文と、を有する。各シート2が折り目3に沿い接着されてまたは綴じ針で綴じられている。各シート2は綴じ部3近傍に綴じ部3に沿って形成された点線状の孔により分離可能としてもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):