(54)【考案の名称】貼れるはがき

(73)【実用新案権者】有限会社ティーピーエス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、思い出の写真や記念写真またはイラスト等をプリントされた郵便はがきを窓ガラス、タイル、家具の壁面、冷蔵庫、机上等の平滑面なら貼り剥がしが自由にでき、剥がした後の糊残りがない郵便はがき用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の写真画像入り郵便はがきは年賀状等でよく知られているが、最近は家庭用インクジェットプリンターの普及によりパソコンを使いオリジナル年賀状やポストカードが簡単に作れるようになった。特にかわいい子供の写真や思い出の写真等の写真画像入りはがきを送る人は、受け取る人に身近に貼って置いてほしい場合や受け取った人が目に付くところに貼って置きたい場合がよくあり、その場合は粘着テープで止めるか、画鋲で止めか、写真楯に飾るしかないしかない。しかし粘着テープを使えば剥がした際に大切な写真に粘着剤の糊跡を残したり、画鋲を使えば画鋲の跡を残してしまう。

【効果】

【0005】
本考案の郵便はがき用紙は、受け取った人が身近に貼って置きたい場合に粘着テープや画鋲を用意することなく簡単に貼ることができる。また剥がした際の糊跡の心配や画鋲の跡の心配もない。
【0006】
上記により、今まではしまい込まれていた写真画像入り郵便はがきが、簡単に貼れて身近に目にすることができる。

(57)【要約】

【課題】思い出の写真や記念写真またはイラスト等がプリントされた郵便はがきを窓ガラス、タイル、家具の壁面、冷蔵庫、机上等の平滑面なら貼り剥がしが自由にでき、剥がした後の糊残りがない郵便はがき用紙を提供する。【解決手段】はがき裏面に再粘付可能な特殊樹脂層を要する無地シールにインクジェットプリンター対応合成紙を貼り合わせ、また宛名書き面にも筆記特性,印刷特性を有する用紙を貼り合わせた郵便はがき用紙にする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):