(54)【考案の名称】名刺を相互に送受信してモニタ−画面に表示できる携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話機(以下携帯電話)での送信時に送信者が受信者に対して、自らを明らかできる携帯電話に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来における携帯電話では、初めての相手先からかかってくる場合その電話番号のみの表示又は非通知等で送信者の情報が不足不明のままである。
【0003】
昨今は多様な勧誘等迷惑電話もあって、受信者にとってはありがたくない場合も多々生じている。
正当な送信者にとっては、電話での口頭の話合い以前に正体を明らかにし相手先には不安のない対応を願っている。

【効果】

【0006】
本考案は、電話の受信者が送信者の写真入り名刺を確認でき、初めての送信者からであっても、安心して対応ができる。
名刺を各々の携帯電話機に記録することで、以降に期間の隔たりがあっても永久的に、その確認ができる。
【0007】
本考案は、名刺を多量に消費する現在のビジネス社会において、その整理整頓をパソコン等との連動で簡略化でき継続的且つ安全に管理できる。
初回の面談時に一々取り交わす名刺自体を不要にするとともに、会社の経費削減に貢献する。
更に紙材を削減することで、原料木材の伐採に伴う環境問題にも貢献する。
【0008】
本考案は、会社の場合においては受信者のモニタ−画面に送信者の会社名が初回の電話時から表示、記録されることで恒常的な宣伝広告効果が期待できる。
【0009】
現在、携帯電話のモニタ−画面上で自己紹介する場合には数回の画面切り替え作業を行い費用もかさむが、本考案の携帯電話では一回の送信作業と一回分だけの通話料で済むことになる。
【0010】
近代日本の原状においては企業間で交わされる名刺の数は計り知れないなが、本考案が提供する前述の削減項目の実施は重要と考えられる。
[実施例]
【0011】
以下、本考案の実施例を添付図面で説明する。

(57)【要約】

【課題】モニター画面に、お互いの名刺を送受信して、それが自動的に表示される機能を付加した携帯電話。【解決手段】その不安を取り除き受信者が敏速にが対応できる様、送信者の名刺が送受信者の各携帯電話のモニタ−画面に自動的に表示される機能を付加した携帯電話の開発で、これを解決する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):