(54)【考案の名称】造形名刺

(73)【実用新案権者】インテックジャパン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、単なる矩形状のカードに会社名や氏名住所等を印刷したに止まる従来の一般的な名刺と異なり、自由な造形(形状乃至プレス成型)、デザイン、印刷等の複合した構造により受け取る側に強烈な印象を与えることができ、広告宣伝媒体としての高い機能を有し、また目にも楽しく話題性に富んだ新機軸の名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の一般的な名刺は、単なる矩形状のカード(例えば9cm×5.5cm程度の規格によるもの)に会社名や氏名住所等を印刷したものであって、基本的にそれ以上の情報を伝達するものではなく、せいぜい会社のキャッチフレーズや取り扱い品目を印刷したり、デザイン上のバリエーションとして会社のシンボルマークを入れたり、本人の似顔絵や写真を入れる程度に止まるものであった。

【効果】

【0012】
本考案の造形名刺によれば、規格寸法からなる従来の単なる矩形の名刺とは異なり、形状・寸法・模様・色彩が自由であり、受け取る側に強烈な印象を与えることができ、広告宣伝媒体としての高い機能を有している。
【0013】
さらに、折線を境に互いに折り重ねられる複数の用紙部からなる印刷用紙で製造する場合には、受渡しの段階では折り重ねた上側の用紙部の印刷が視認され、受け取り後に受け取り者が折り重ねた上側の用紙部を開くと下側の用紙部の印刷が見えるようにする構成ともできるので、受け取る側に与える印象をさらに強めることができる。
【0014】
さらに、重ねた用紙部に設けた貫通孔から下にある用紙部の印刷が見えるようにしておけば、その興趣はさらに高まる。
【0015】
そして、複数の用紙部を折り重ねた状態とするために、1枚の印刷用紙に十分な押圧力のプレス加工で折線をつけて折り畳むこととすれば、用紙部と前記用紙部が復元力により自発的に展開しないような確実な折り畳み状態を得ることができ、販売時、搬送時、使用時等における取り扱いに支障を生じることがない。

(57)【要約】

【課題】自由な造形、デザイン、印刷等の複合した構造により受け取る側に強烈な印象を与えることができ、広告宣伝媒体としての高い機能を有し、目にも楽しく話題性に富んだ新機軸の名刺を提供すること。【解決手段】印刷用紙8bの第1用紙部6bの裏面には自動車の図柄を印刷し、第2用紙部7bの表面には、背景となる樹木の図柄12と、使用者の社名13及び所属・氏名・連絡先等の本人情報2を印刷する。第1用紙部6bの図柄以外の不要部分4bを切除し、第1用紙部6bを折線10bでプレス成型し、自動車の図柄が氏名等を隠して樹木の図柄12の前に来るように第2用紙部7bの表面上に折り重ねる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):