(54)【考案の名称】医療用カッター

(73)【実用新案権者】寿医科商事株式会社

(73)【実用新案権者】林刃物株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、骨接合用プレート(以下、単に「プレート」と略称する場合がある。)固定する際に使用する医療用カッターに関し、主として頭蓋骨の一部を切除し、所用の手術を行った後、切除した頭蓋骨を元に戻して周囲の頭蓋骨に連結するためのプレートを固定する際に使用する医療用カッターに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の医療方法においては、中央に挿通孔を有する花びら状のプレート2枚と、一端は該挿通孔に挿通可能な透孔端であり、他端は拡開して前記挿通孔を通過できない止定端である締結軸とを一組にし、これを複数組使用することが行われている。その使用方法は、まず1枚のプレートを締結軸の止定端まで挿通し、頭蓋骨の切除した部分と切除されていない部分との境界位置における頭蓋骨の切除されていない部分の下側に締結軸を挿通したプレートの半部を挟み込む。そして、残るプレートの半部の上に切除した頭蓋骨が配置されるように頭蓋骨を元に戻し、切除した頭蓋骨と周囲の頭蓋骨との隙間から突き出している締結軸にもう1枚のプレートを挿通して切除した頭蓋骨と周囲の頭蓋骨との境界部に覆い重ね、カッターで締結軸を挟むと共に上側のプレートを押さえながらペンチで締結軸を引き上げ、2枚のプレート間に頭蓋骨が強く挟み込まれる状態に至った時点でカッターにて締結軸を切断し、その切断端縁が切断時の剪断力により変形するので、締結軸が上側プレートから抜け出なくなり、切除した頭蓋骨と周囲の頭蓋骨とが2枚のプレートにより強固に挟まれて固定される。

【効果】

【0013】
本考案に係る医療用カッターは、上記の構成による作用により、一つの器具によりプレートを押さえる動作と締結軸を引き上げる動作と締結軸を切断する動作とを片手のみの操作で行うことができるので、従来の医療方法における両手が塞がるという不便さがなくなると共に、常に片手が空いているので器具の持ち替えが少なくて済み、作業性が向上する。しかも、器具が一つになるので、消毒作業も軽減される利点がある。

(57)【要約】

【課題】本考案は、一つの器具によりプレートを押さえる動作と締結軸を引き上げる動作と締結軸を切断する動作とを片手のみの操作で行い得る医療用カッターを提供することを目的とする。【解決手段】本考案に係る医療用カッターAは、それぞれ刃部11,21と把持部12,22とそれらの中間に位置する交差部13,23とからなる一対の第1刃体10及び第2刃体20を、その交差部において互いに回転可能に交差させ、前記刃部における刃先11a,21aを第1刃体及び第2刃体の回転方向と直交する方向に形成すると共に互いに突き合うように構成し、第1刃体及び第2刃体の各把持部に、可撓性材料よりなり、少なくとも刃先が突き合ったときに刃先の突き合う位置と交差部の回転中心とを結ぶ線上において先端が接触する掴み片15,25を設けてなることを特徴とするものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):