(54)【考案の名称】折り畳み式名刺

(73)【実用新案権者】フジフォームサービス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広告、宣伝、案内、紹介等の各種情報を印刷した折り畳み展開自在な冊子を二つ折りにした名刺の内部に貼り付けた折り畳み式名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
商品情報や業務内容の紹介等を印刷した冊子を名刺に一体化させるようにした考案は既に提案されている。例えば、帯状の用紙を一定の幅でジグザグに折り畳むことにより名刺サイズの折り畳み冊子を形成し、その折り畳み冊子の表紙に名刺記載事項を記載し、表紙以外の部分に各種情報を記載するようにした名刺が提案されている(例えば、特許文献1参照)。また、折り畳み自在なカタログに名刺を貼付するようにしたものも提案されている(例えば、特許文献2参照)。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案に係る折り畳み式名刺は、折り畳まれた前記冊子が、名刺サイズの表面紙と裏面紙の間に挟まれた状態で隠蔽されるので、外観上はあくまで名刺としてのイメージが確保されるため、初対面の人にも名刺として抵抗なく受け取ってもらえ、きわめて自然なかたちで各種情報を提供することができる。また、折り畳まれた冊子が、表面紙と裏面紙の間に挟まれるので、冊子が充分に保護され体裁もよく長期にわたる保存が可能となる。そして、折り畳式の冊子は、広い面積を確保することができるため、多くの情報を掲載することができる。

(57)【要約】

【課題】初対面の人にも名刺として抵抗なく受け取ってもらえ、かつ、多くの情報を記載した冊子を併せて提供することができ、しかも、冊子が充分に保護されるようにした折り畳み式名刺を提供する。【解決手段】1枚の用紙からなる名刺サイズの表面紙1と裏面紙2を二つ折りにして、前記表面紙1に名刺としての印刷を施すと共に、前記表面紙1と裏面紙2の間に、各種情報を印刷した折り畳み展開自在な冊子3を貼り付けてなり、折り畳んだ状態での前記冊子3のサイズは、前記名刺サイズよりも大きくなく、折り畳まれた前記冊子3が、前記表面紙1と裏面紙2の間に挟まれた状態で隠蔽される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):