(54)【考案の名称】双眼ルーペ

(73)【実用新案権者】日本エー・シー・ピー株式会社

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、医療手術や精密工作作業の際に使用される双眼ルーペに関するものであり、特に、眼鏡フレームの眼鏡部分に双眼ルーペを取り付ける埋め込み型の双眼ルーペに関する。

【従来の技術】

【0002】
双眼ルーペは、手元の局所的な視覚対象物を拡大して視認する手段として、従来から、医療分野、精密工作、宝石加工等の各分野において広く使用されている。これらの分野では、作業や操作に高い精度が要求され、特に、医療分野では、人命に関わることから、双眼ルーペの視力矯正及び乱視矯正は、作業者の視力に正確に適合させたものであることが求められる。
【0003】
また、双眼ルーペには、優れた解像力、広い視野径、深い焦点距離等に加えて、明るくクリアーな画質が要求され、また、取扱いの容易性から、メンテナンスの容易性が求められることから、水洗いが可能な防水加工や、腐食防止加工が必要である。また、主鏡ルーペの倍率調整も、用途に合わせて調整可能に構成される必要がある。
【0004】
このような双眼ルーペの例として、特許文献1は、眼幅、即ち、接眼レンズ筒の水平方向の取付位置の調節を可能にした双眼ルーペの構造を開示している。

【効果】

【0015】
以上説明したように、本考案の双眼ルーペによれば、双眼ルーペ本体の焦点を調整することができる着脱可能な焦点調整手段を、双眼ルーペ本体の接眼部に追加的に取り付けることができるので、医療手術や精密加工等の作業時の現在視力に簡単な取り付け操作で、適切に適合させることが可能な双眼ルーペを提供することを可能とした。
【0016】
また、焦点調整手段は、仕様が各々異なる複数の焦点調整手段の内から適宜に選択することが可能であるので、精密作業者の作業時の視力に適合するものを適宜に選択して使用することができる効果がある。さらに、焦点調整手段の双眼ルーペ本体への装着時には、双眼ルーペ本体との正確な位置合わせが可能なように構成されているので、双眼ルーペ本体が乱視対応のものである場合にも、正確な位置合わせにより最適な視力を確保することができたのである。

(57)【要約】

【課題】医療手術や精密作業者の作業時の現在視力に適合させることができる双眼ルーペを提供する。【解決手段】フレーム手段と、一対の双眼ルーペ本体と、前記双眼ルーペ本体を前記フレーム手段に固定するための装着手段と、前記双眼ルーペ本体の焦点距離を調整する焦点調整手段と、前記焦点調整手段が前記双眼ルーペ本体の接眼部に着脱可能に取り付ける支持手段と、を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):