(54)【考案の名称】ハンガー

(73)【実用新案権者】アイリスオーヤマ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、洗濯後の衣服の物干しや衣服の展示などに用いられるハンガーに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、Tシャツやトレーナーなどを洗濯した場合には、これらをハンガーに掛けて乾燥させている。Tシャツ等をハンガーに掛ける場合には、Tシャツ等の裾からハンガーを挿入し、ハンガーの両端部をTシャツ等の肩部に掛止させるとともに、ハンガーに形成された吊りフックをTシャツ等の首部から外部に突出させることにより行われる。
【0003】
ところが、このような作業は、特に洗濯後においてTシャツ等が多量の水分を含んでいる場合、Tシャツ等の内部においてハンガーの両端部や吊りフックが引っ掛かり易く、極めて煩雑な作業となる。
【0004】
また、ハンガーにTシャツ等を掛ける他の方法として、Tシャツ等の首部にハンガーの一端部を挿入してTシャツ等の一方の肩部に掛止させつつ、吊りフックを外部に突出させた状態でTシャツ等の首部に更にハンガーの他端部を挿入し、この他端部をTシャツ等の他方の肩部に掛止させることによりTシャツ等をハンガーに掛ける方法もある。
【0005】
この方法では、吊りフックが形成された部分からハンガーの端部までの距離が比較的長いために、ハンガーの一端部を掛止させた状態で他端部をTシャツ等の首部から挿入することが困難であり、無理に挿入するとTシャツ等の首部が伸びてしまう。
【0006】
一方、ハンガーに掛けられたTシャツ等を取り外す場合にも、Tシャツ等の裾あるいは首部からハンガーを取り出している。この場合にも、Tシャツ等をハンガーに掛ける場合と同様に煩雑な作業を行わなければならず、また、首部からハンガーを取り出す場合には、Tシャツ等の首部が伸びてしまう。
【0007】
このようなハンガーの不具合を解消するために、ハンガーを2つの別部材で構成し、これらの両別部材を回動可能に連結したものが、特許文献1に開示されている。
【0008】

【効果】

【0020】
請求項1、2、3または4に記載の考案によれば、ハンガー本体を支持する支持部材が、ハンガー本体の一方の掛止部側に接近して配置され、これら一方の掛止部と支持部材との間に隙間が設けられたことから、Tシャツ等の衣服をハンガーに掛ける場合で、Tシャツ等の首部にハンガー本体の他方の掛止部を挿入するとき、このTシャツ等の首部をハンガー本体の一方の掛止部の端部まで移動させることができる。このため、次に、この首部の一部を一方の掛止部と支持部材との隙間内で反対方向に移動させることにより、Tシャツ等をハンガー本体に掛け止めることができる。Tシャツ等をハンガーから取り外す場合には、掛ける動作と逆の動作を実施すればよいので、Tシャツ等の衣服を掛ける作業や取り外す作業を容易化できる使い勝手の良好なハンガーを提供できる。
【0021】
また、本ハンガーはハンガー本体と支持部材から成り、可動部分が存在しない簡単な構造であるため、安価なハンガーとすることができる。
【0022】
請求項5に記載の考案によれば、ハンガー本体の他方の掛止部が支持部材に段差なく連続して形成されたことから、この他方の掛止部をTシャツ等の衣服の首部に挿入する際、衣服が濡れている場合にも、この挿入を容易に実施できる。
【0023】
請求項6に記載の考案によれば、支持部材がハンガー取付部材に水平方向に回動可能に取り付けられることから、ハンガー使用時には支持部材をハンガー取付部材に対し直立する位置まで回動させ、ハンガー非使用時には支持部材をハンガー取付部材に対し伏せる位置まで回動させることで、ハンガー非使用時のスペースを低減できる。
【0024】
請求項7に記載の考案によれば、支持部材がハンガー取付部材に鉛直方向に回動可能に取り付けられることから、ハンガー使用時には支持部材を水平位置まで回動させ、ハンガー非使用時には支持部材をハンガー取付部材に対し伏せる位置まで回動させることで、ハンガー非使用時のスペースを低減できる。
【0025】
請求項8に記載の考案によれば、ハンガー本体の他方の掛止部と支持部材とが直線形状に形成され、これら他方の掛止部と支持部材とに一対の係止ピースが設置されたことから、この直線形状の他方の掛止部及び支持部材にズボンやタオル等を掛け、係止ピースを用いてこれらを係止できるので、ハンガーの使い勝手を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】Tシャツ等の衣服を掛ける作業や取り外す作業を容易化できる使い勝手が良好で、安価なハンガーを提供すること。【解決手段】互いに反対方向に延びる一対の掛止部27及び28を備えたハンガー本体25と、このハンガー本体25を支持する支持部材26とを有し、上記ハンガー本体の一対の掛止部27及び28にTシャツ等の肩部を掛け止め可能とするハンガー20であって、上記支持部材26が、ハンガー本体25の一方の掛止部27側に接近して配置され、これら一方の掛止部27と支持部材26との間に隙間34が設けられたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):