(54)【考案の名称】携帯型独立太陽光発電システム

(73)【実用新案権者】株式会社中電工

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、電力供給源の無い場所で使用でき、簡単に持ち運びできる携帯型独立太陽光発電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、災害時の非常用電源やキャンプなどの野外活動など商用電源の使用できない場所では、蓄電池を装備した可搬型の太陽光発電システムが考案されている。

【効果】

【0007】
本考案に係る携帯型独立太陽光発電システムによれば、電源の使用時には可撓型太陽電池パネル1を広げて太陽光発電によって発電した電力、または筐体2に内蔵の蓄電池からの電力を使用することにより、商用電源を使用することなく電気機器を使用することが可能である。また、背負子3に筐体2及び可撓型太陽電池パネル1を固定することが出来るので、システムを背負って運搬することが可能である。
【0008】
本考案に係る携帯型独立太陽光発電システムによれば、電気機器を内蔵した筐体2に蓄電池の残容量を監視できる残容量表示灯7を設けてあるので、蓄電池の使用時には残容量が、発電時には充電容量が確認できる。
【0009】
本考案に係る携帯型独立太陽光発電システムによれば、筐体2、可撓型太陽電池パネル1を固定した背負子3に一対の車輪4と把持部3aが取り付けてあるので、平坦な移動場所では引っ張ってシステムを運搬することが可能である。

(57)【要約】

【課題】持ち運びが容易な携帯型独立太陽光発電システムを提供する。【解決手段】本考案の携帯型独立太陽光発電システムは、可撓型太陽電池パネル1と、蓄電池、インバータ等からなる電源装置9と、電源装置9を収納する筐体2と、筐体2および可撓型太陽電池パネル1を取り付ける背負子3で構成される。電源の使用時には可撓型太陽電池パネル1を広げて太陽光発電によって発電した電力、または筐体2に内蔵の蓄電池からの電力を使用することにより、電気機器を使用することが可能である。背負子3に筐体2及び可撓型太陽電池パネル1を固定することが出来るので、システムを背負って運搬することが可能であり、また、背負子3の下部に一対の車輪4が、上部に把持部3aが設けられている。地面が平坦な場所では、把持部3aを握って背負子3を前方に傾斜させ傾斜方向に引っ張ることにより車輪4が回転し本システムを楽に移動させることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):