(54)【考案の名称】隠蔽ラベル

(73)【実用新案権者】小林記録紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はハガキの情報記入欄に貼付されるとともにラベル剥離装置を用いてハガキから剥離される隠蔽ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えば口座振替申込書、配当金振込指定書、議決権行使書などのようにハガキに記入した個人情報の隠蔽が必要な郵便物が知られている。この種の郵便物は通常差出人が返信用ハガキと隠蔽ラベルを封筒に入れて利用者の手元に届けるとともに、利用者は返信用ハガキの情報記入欄に所定事項を記入し、その上に隠蔽ラベルを貼り付けて差出人に返送するようになっている。それを受け取った差出人はラベル付きハガキから隠蔽ラベルを剥がし、情報記入欄に記入されている情報を読み取って事務処理を行う。
【0003】
ところで、従来は差出人側での隠蔽ラベルの剥離処理を手作業で実施していたが、剥離する隠蔽ラベルの量が多いと作業者の負担は多大なものとなる。そこで作業者の負担を軽減させるため、近年では手作業によらず自動で隠蔽ラベルを剥離できるラベル剥離装置が利用されている(例えば下記の特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案によれば、剥離テープによる剥離方向がハガキの紙目方向に対して平行な方向で剥離処理が行われるため、ラベル剥離装置で隠蔽ラベルを剥離した後のハガキのカール発生を効果的に防止することができる。カール発生を防止できる理由は、剥離方向が紙目方向に対して平行に設定されていると、隠蔽ラベルを剥離する際にハガキの繊維間結合力が強くハガキの表面と裏面との歪みが小さく、ハガキのカール量が小さくなるためであると考えられる。
【0015】
本考案によれば、隠蔽ラベルの剥離開始位置にラベル基材を露出させた露出部が設けられているので、剥離テープの感圧性接着剤が露出部に確実に圧着され、剥離時に隠蔽層のみを引き付けてしまうことがなく、剥離テープがラベル基材を確実に持ち上げることができ、隠蔽ラベルの剥離が確実に行われる。
【0016】
本考案によれば、ラベル基材の裏面において剥離開始側の縁部に沿って粘着剤層の粘着力を弱めた弱粘着部が設けられているため、剥離開始時の初期抵抗が小さくなり、非常にスムーズな剥離処理が可能になる。
【0017】
本考案によれば、ラベル基材の裏面において剥離開始位置から剥離終了位置にかけて粘着剤層の粘着力を弱めた弱粘着部が設けられているので、剥離最中における抵抗が小さくて済み、非常にスムーズな剥離処理が可能になる。
【0018】
本考案によれば、剥離テープによる剥離方向がハガキの縦目と横目のいずれの紙目方向に対しても平行になるように設定されているので、隠蔽ラベルの上下左右いずれの縁部からでも剥離を開始することが可能になり、ラベル剥離装置にセットする際にラベル付きハガキの向きを揃える必要がなく、剥離処理をより効率よく行うことができる。

(57)【要約】

【課題】ハガキからスムーズに剥がすことと、剥がした後のハガキのカール発生を防止すること。【解決手段】ラベル基材11の表面に隠蔽層12を印刷し、ラベル基材11の裏面に粘着剤層14を塗工した隠蔽ラベル10において、剥離テープ40による剥離方向Bがハガキ30の紙目方向Aに対して平行になるように設定する。またラベル基材11の表面には剥離開始位置と剥離終了位置にラベル基材11を露出させた露出部13を設け、ラベル基材11の裏面には剥離開始側の縁部に沿って粘着剤層14の粘着力を弱めた第1の弱粘着部16を設けるとともに、剥離開始位置から剥離終了位置にかけて粘着剤層14の粘着力を弱めた第2の弱粘着部17を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):