(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】株式会社堀内カラー

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍やノート、アルバムなど製本状態にあるものの厚みに応じて、背表紙部の厚さを調整するための機能をそなえたブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のブックカバーは、概して柔らかな素材を用いて形成されたものが主流である。例えば、紙、布、皮革などで形成されているものがそれに当たる。それらは、書籍類の厚みの変化に対応し易く、かつ書籍類の保護にも有効な方法と考えられる。しかし、書籍類の保護のためには、硬質の素材を用いる方が有効なはずである。であるにも拘らず、硬質の素材を用いることが少なかったのは、適切な材料や、製造方法がなかったこと、書籍類の厚みの変化に対応しにくいことなどが、理由として考えられる。
【0003】
これに対して、先行する技術を検討すると、例えば実開昭49−132921号は、表裏の表紙となる一対の基版の内面に、簿冊の表版の挿入袋部を設けるとともに、一方の基盤の内辺縁に折り曲げ可能な連結版を設け、これを他方の基版の袋部に抜き差しするようにした構成を有している。この抜き差し構造では、どちらかの基版を抜き出せるため、意図せずに抜け出すことが使用上の問題となる。
【0004】
軟質又は硬質材料を用いて、曲げにくいブックカバーを形成する場合、書籍類との接触箇所に対する配慮も必要になるが、そのような対策を有するブックカバーは提案されていない。他の分野では、実開平2−74917号に見られるように、カバーの内面にクッション材を設けることが示唆されているが、ブックカバーの内面にクッション材を設けるとなると、全体の厚みを増すことになり、一長一短ということになる。
【0005】
また、ブックカバーの斬新性ということから、本考案者はブックカバーに写真を使用することを思い付き、検討を行ってきた。その過程で、実開平6−57666号を見出したが、その考案の場合、写真を拡大した複数の印画紙を表紙とともに製本し、折り目の付いた紙に印画紙を貼り付け、ラミネート加工したブックカバーを取り付けて印画紙写真集を構成したものである。つまり、その考案におけるブックカバーは、写真を貼り付けたに過ぎないものである。貼り付けた写真は、折り目の付いた紙に、厚さと薄さの不均一性を作り、それによって曲げやすい所と曲げにくい所ができ、扱いにくいものとなる。また、貼り付けた写真によりブックカバー表面に段差や、部分的な浮き沈みが形成され、ラミネート加工をしても消えず、視覚的に、また触覚的に感じの良くないものとなる。
【0006】

【効果】

【0014】
本考案は上記のように構成されかつ作用するものであるから、書籍やノート、アルバムなど製本状態にある、書籍類の厚みに応じて背表紙をカバーする部分の厚さを調整可能であり、何種類もの厚さの書籍類に適用することができる。また、好みの写真を焼き付けた1枚の印画紙を使用してブックカバーを形成することにより、独自の装飾が可能で、趣味性の豊かな、ブックカバーを提供することができる。また、本考案によれば、視覚的に、また触覚的に感じの良い、ブックカバーを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】書籍類の厚みに応じて、背表紙部の厚さを調整可能であり、かつ写真により独自の装飾が可能な、ブックカバーを提供する。【解決手段】書籍類Bの表表紙Dをカバーする部分13と、書籍類Bの裏表紙Rをカバーする部分15及びそれらの表紙をつなぐ背表紙Sをカバーする部分14を有し、一定の厚さaに設定した一定寸部と、調整のために厚さbに設定した調整部とを有し、調整部の厚さb以下の厚さの調整版20を調整部側の表紙の内面に固定した構成を有しており、調整版20は、スポンジのように容易に圧縮可能な弾性材料より成るものとする。調整版20は、書籍の厚みに応じて、厚さの異なる調整版と交換可能とすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):