(54)【考案の名称】アルバム

(73)【実用新案権者】株式会社ジャパンアート

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はアルバムに係り、より詳しくは、好みの写真等を容易に着脱自在に表紙に飾ることを可能にしたアルバムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、写真、スクラップ等を保存するものとしてアルバムが用いられているが、このアルバムは一般的に、厚紙等により形成される表紙、裏表紙間に、写真等を貼着可能とした、あるいは写真等を収容可能なポケットを備えた複数枚の収容頁を具備して構成されている。
【0003】
ところで、従来のアルバムは一般的に、写真等を収容するための収容方法としては、台紙に貼着し、あるいは収容ポケットを備える等して様々な工夫がなされているが、アルバムの顔となる表紙について、使用者の立場に立った工夫がなされることはあまり無く、そのために、使用者の独自色を出したアルバムとすることができなかった。
【0004】
即ち、従来のアルバムでは、例えば表紙にキャラクターをデザインしたものが存在しているが、特に市販されているアルバムでは大量生産する場合が多いために、同じキャラクターデザインの表紙のアルバムが多数存在してしまい、使用者独自のものとは言い難いものとなってしまう。
【0005】
この点、従来のアルバムでは、例えば使用者の写真や使用者が撮影した写真等を表紙にデザインする方法も提案されており、この方法によれば、使用者の独自色を出すことも可能であるが、従来から提案されている方法では、使用者の写真等を表紙に貼着、圧着、あるいは転写等するものであり、写真の入れ替えが不可能であるという問題点がある。
【0006】
また、前述の従来の方法では、写真等を表紙に貼着等するための作業が大変であり、煩わしさに耐えないという問題点も指摘できる。

【効果】

【0009】
本考案のアルバムでは、表紙に飾り窓部を形成するとともに、表紙における飾り窓部の裏側には収容スペースを形成し、更に、この収容スペースを開閉自在とした蓋を備えているため、飾り窓部を介して外部から見える配置で収容スペース内に使用者等の写真を挿装することにより、使用者の独自色を出したアルバムにすることが可能である。
【0010】
また、本考案のアルバムでは、収容スペース内にマグネット又は磁性体を配置するとともに、前記蓋の内側面には、前記収容スペース内に配置したマグネット又は磁性体に吸着可能な配置で磁性体又はマグネットを配置しており、これにより蓋の開閉を容易にしているため、写真等を収容スペース内に挿装する作業が極めて容易である。

(57)【要約】

【課題】表紙部分に独自色を出せるとともに、そのための作業が容易であるアルバムを提供すること。【解決手段】表紙2と、裏表紙4と、前記表紙2及び裏表紙4とを連通した背表紙3と、前記表紙2及び裏表紙3間に備えた、写真、スクラップ等を収容可能な収容頁5と、を備えたアルバムであって、前記表紙2は、表紙2を切り欠くことにより形成した飾り窓部6と、該飾り窓部6に連通する配置で前記表紙2の裏面に形成した収容スペースと、前記表紙2の裏面に、前記収容スペースを開閉自在に備えた蓋と、を備えるとともに、前記収容スペース内にマグネット又は磁性体を配置し、前記蓋8の内側面には、前記収容スペース7内に配置したマグネット10又は磁性体に吸着可能な配置で磁性体又はマグネットを配置した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):