(54)【考案の名称】棒状物繰り出し具

(73)【実用新案権者】サンスター文具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、棒状物の繰り出し具に係り、特に横断面十字型の消しゴム等の棒状物を保持することができ、繰り出しの容易な棒状物繰り出し具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、職場や家庭等で使用される棒状の消しゴムや、鉛筆芯又は口紅等の棒状物を繰り出し機構を有する容器として、棒状物繰り出し容器が使用されている(特許文献1)。
上記棒状物の繰り出しにあっては、外筒に対し内筒をバネに抗してノックすることにより、棒状消しゴムを保持したチャック及びチャックリングが前方へ移動してチャックリングが外筒の先具に当接し、チャックが開き、棒状消しゴムを突出させることができると共に、バネの力により内筒及びチャックを後方に移動させることにより、チャックリングが嵌入して閉じられ、棒状消しゴムを保持するように形成されている。
従って、上記棒状物繰り出し容器は、使用時においては横断面円状の棒状物を必要に応じて伸張させ、未使用時にあっては、上記棒状物を自由に縮めることができる。
【0003】
また、細小部や細線を用いた精密製図の如きに対する消去、修正操作を円滑且つ適切に達成することができる、横断面形状が多角断面棒状消字材により形成された紙巻消字体が使用されている(特許文献2)。

【効果】

【0014】
請求項1記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記各チャック片に設けられている各把持部により、横断面が円形状ではない、例えば横断面十字型や、星型などの、横断面形状が内方に向かってV字状に形成された棒状物を確実に保持することができる。
従って、上記横断面形状が円形ではない棒状物の繰り出し操作が容易、かつ、確実な棒状物繰り出し具を提供することができる。
【0015】
請求項2記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記棒状物は、上記スリット内に配置されて保持されることから、上記棒状物を上記各スリット間及び、上記チャック片に設けられた把持部間により保持することができる。
従って、上記棒状物の繰り出し操作が容易かつ、確実な棒状物繰り出し具を提供することができる。
【0016】
請求項3記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記各チャック片に設けられている各把持部は、上記棒状物を内筒内に固定する場合には、内筒内部に係合して内筒内方へ収縮されることから、上記棒状物を確実に保持することができる。
【0017】
また、上記棒状物を内筒外方へ繰り出す場合には、上記各チャック片に設けられている各把持部は、内筒内部との係合が解除され、内筒の径方向外方へ拡開して棒状物を解放するように形成されていることから、上記棒状物を容易に内筒の外方へ繰り出すことができる。
【0018】
請求項4記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記棒状物を内筒内に固定する場合には、上記チャックリングにより、上記各チャック片間に形成された各スリットが閉塞され、上記各チャック片間、及び各スリット間において上記各把持部により上記棒状物が把持されることから、上記棒状物を確実に保持することができる棒状物繰り出し具を提供することができる。
【0019】
また、上記棒状物を内筒外方へ繰り出す場合には、上記チャックリングにより、上記チャック片が内筒の径方向外方へ拡開して棒状物が解放されることから、上記棒状物を容易に繰り出すことができる棒状物繰り出し具を提供することができる。
【0020】
請求項5記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記棒状物を内筒内に固定する場合には、上記各把持部により、上記横断面形状十字型の各突条を把持することができることから、上記棒状物を確実に保持することができる棒状物繰り出し具を提供することができる。
【0021】
請求項6記載の棒状物繰り出し具にあっては、上記棒状物は消しゴムであることから、上記消しゴムの横断面形状を形成する突条により、紙等に記載されている文字や図形等の細部を容易に消去することができる。
また、上記消しゴムが文字等の消字により磨耗した場合であっても、容易に繰り出して使用することができることから、連続して文字や図形等の細部を消去することができる棒状繰り出し具を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】横断面十字型の消しゴム等の棒状物を確実に保持し、かつ容易に繰り出すことができる棒状物繰り出し具を提供する。【解決手段】外筒11の長さ方向に沿って移動可能に形成された内筒12と、上記内筒の先端部13に設けられ、上記内筒の内方において長さ方向に沿って棒状物14を保持しうるように形成されたチャック部15とを有する棒状物繰り出し具10であって、上記外筒と内筒間には、内筒を、外筒11の後端部18側に付勢しうる付勢手段19が設けられ、上記チャック部は、内筒の先端部から突出して形成された4つのチャック片により形成され、上記各チャック片は、内筒の横断面の内方に向かって突出して形成された把持部が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):