(54)【考案の名称】熨斗紙

(73)【実用新案権者】株式会社 島本食品

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は贈答品に添付する熨斗紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、贈答品に添付する熨斗紙は、贈答主の氏名とともに「お祝い」、「お中元」、「お歳暮」の贈答趣旨が記入されているのみで、その挨拶、祝いの言葉等の贈り主側の言葉メッセージは、グリーティングカードやその他のメッセージカードを贈答品の中に入れるのが通常であった。
【0003】
ところが、このようにメッセージカードが贈答品の中に入った状態では、受取り側が贈答品の包装を解かない限りは贈答主の言葉は伝わらず、贈答主によるメッセージのタイミングが遅れてしまい、そのときの言葉の趣旨が伝わらないという問題があった。
【0004】
そのため、贈り主の氏名の近傍に、メッセージが書き込めるようにし、受け取り側が贈答品を受け取った時点で贈り主の言葉が伝わるようにした熨斗紙が特許文献1に提案されている。
【0005】
しかしながら、このように、熨斗紙の表面にメッセージを書き込めるようにしたものでは、清潔な印象を与えるようにした単純な熨斗紙が、汚くなり、好ましくない。

【効果】

【0013】
本考案の熨斗紙は、通常の熨斗紙と同様に贈答品表面に添付することができ、贈答品を受取った側は、その場で、熨斗紙を開くだけで、贈答主のメッセージを読むことができる。
【0014】
また、本考案の熨斗紙は、季節の花と和歌を添えて、いわゆる「はなのし」とすることもできる。
【0015】
折り畳みを利用して、その内側に各種の香料を浸み込ませることができる。
【0016】
さらには、折り畳まれたメッセージ欄を利用して、飛び出す立体模様を施すこともできる。

(57)【要約】

【課題】贈答品の外面に添付する熨斗紙の機能と外観に影響を与えることのないメッセージ付の熨斗紙を提供する。【解決手段】紙シートを熨斗部分を表にして折り目に沿って折り曲げることによって、表面に熨斗部分が現われ、メッセージ部が中に位置する「はなのし」10が形成される。この「はなのし」10を、貼着部5を利用して贈答品に貼着して使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):