(54)【考案の名称】事前開封を確認することのできる情報隠蔽シート

(73)【実用新案権者】内外カーボンインキ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、隠蔽すべき記載情報の上に粘着剤を用いて貼り付けた基材を剥がすときに、基材を破らずに剥がすことのできる、いわゆる紙破しない弱粘着の粘着剤を用いて記載情報を隠蔽するためのシートにおいて、事前に剥がされて不正開封されたことが確認可能な情報隠蔽シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から出版、金融、保険、広告など広範な分野で、個人情報を初めとする情報保護のために目隠しハガキを使用している。この方法においては、情報を記載した部分に隠蔽シートを貼るもので、あて先に郵送された後に剥がして記載情報を読み取るため、粘着糊により完全に貼り付けてしまわず簡単に剥がせることが必要であり、弱粘着糊を使用するのが一般的である。
【0003】
しかしながら、この方法では、あて先に届く前に隠蔽シートを剥がしても跡が残らないために、事前に剥がしたり貼り付けたりすることがあってもそれを確認することはできないという問題点があった。

【効果】

【0008】
本考案により、オフィスに広く普及しているレーザープリンタやインクジェットプリンタのようなノンインパクトプリンタを使用して印字した1枚のシートの一部または全部を隠蔽することができる隠蔽シートであって、更にこれを剥がして開封する際には、ミシンを切るしかなく隠蔽用シートに配置したミシンが切れているために事前の不正開封を確認することが可能であり、かつ上記ミシンを切らずに無理に開封しようとすると、強粘着剤部で紙破を生じるため、同様に事前の不正開封を確認することが可能な情報隠蔽シートを提供し得たものである。

(57)【要約】

【課題】事前の開封を確認可能な情報隠蔽シートを提供する。【解決手段】情報記載欄を有する情報記載部21と情報隠蔽部20とを折り曲げ線を介して含む基材、情報隠蔽部の少なくとも一部を被覆した粘着剤層2および粘着剤層を覆った剥離紙3を含み、折り曲げ線で折り曲げることにより情報記載欄を情報隠蔽部で覆って記載情報を隠蔽し、粘着剤層が弱粘着剤部と強粘着剤部とからなり、強粘着剤部が、折り曲げた時に強粘着剤部が情報記載欄を覆わないように、情報隠蔽部の折り曲げ線と反対側の1辺の端部の糊代部にあり、弱粘着剤部が情報隠蔽部の強粘着剤部のある1辺以外の3辺の端部の糊代部を含む該強粘着剤部以外の部分の少なくとも一部にあり、該情報隠蔽部が、強粘着剤部以外の部分にミシン加工を施され、情報隠蔽部または情報記載部が切り込み部を有することを特徴とする、事前開封を確認することのできる情報隠蔽シート30に関する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):