(54)【考案の名称】イカ釣り用イカ角投入器

(51)【国際特許分類】

A01K 85/00 擬似餌

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は軟質ゴムにV字型の切込みを入れ、直角に曲げたアルミ板に軟質ゴムを接着したイカ釣り用イカ角投入器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来イカ釣り用イカ角投入器は円筒形の長いものであった。
【考案が解決しょうとする課題】
【0003】
これは次のような問題点があった。
大型で重く持ち運びに不便であった。
本考案は以上のような問題点をなくすために考案されたものである。

【効果】

【0005】
発明は以上のような構造でこれを使用するときはイカ角の針の部分を海側にして、軟質ゴムのV字型の部分に挟み込んで針の部分が直角に立ち上げた▲4▼アルミ板に当たるよう装着し、前方に投入する。 アルミ板の替わりに他の金属板あるいはABS樹脂・ポリカーボネイト板等の割れにくく、イカ角の針が刺さりにくいものであれば装着しても良い。

(57)【要約】

【課題】 軟質ゴムとアルミ板を使用し、軽量でコンパクトなイカ釣り用イカ角投入器を提供する。【解決手段】 軟質ゴム▲1▼にV字型切込み▲3▼を入れ、アルミ板▲2▼を直角に折り曲げ▲4▼イカ角の針がアルミ板にあたり、軟質ゴムにささらずイカ釣り用イカ角を投入できるようにした事を特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):