(54)【考案の名称】分割可能な千社札名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、通常使用し得る名刺の台紙を縦方向に2分割できる切断線を有する台紙で構成し、2分割にした際に、分割後の各々の断片が千社札として利用できるのみならず、名刺として機能するよう考案されている。

【従来の技術】

【0002】
名刺は、個人の情報と、その所属する団体等の情報を1枚の紙に簡単に表現し、渡す相手にそれを知らしめるアイテムでしかなかった。

【効果】

【0005】
以上説明したように本発明は、日本の文化である千社札を既存の名刺に取り入れ、かつ名刺の機能をそのままでも発揮し、分割しても発揮するよう考案したものである。

(57)【要約】

【課題】通常使用し得る名刺の台紙を縦方向に2分割できる切断線を有する台紙で構成し、2分割にした際に、分割後の各々の断片が千社札として利用できるのみならず、名刺として機能する。【解決手段】名刺中央部分に分割可能な切断線を有した台紙であって、表面の半分には千社札デザインの個人情報を、もう半分には同様のデザインの団体情報を記載し、各々の裏面には表面と異なる情報を記載することにより、2分割して千社札として保存した際にも名刺機能を損なわず千社札という日本の文化を伝承できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):