(54)【考案の名称】マッサージチェアー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、着座中に背中、腰および脚部をマッサージするマッサージチェアーにおいて、特に、脚部を広範囲に、かつ効果よくマッサージすることができるマッサージチェアーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、種々のタイプのマッサージチェアーが提案されており、そのような中でマッサージチェアに体脂肪計を取り付けることにより、マッサージによる肥満解消の効果を定量的に確認できるようにするものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。
上掲特許文献1記載のマッサージチェアは、椅子に座った人の背中や腰を機械的に刺激してマッサージするアクチュエーターと、このアクチュエーターを制御するコントローラーと、人体に導電接触すべき電極を介して人体インピーダンスを測定する人体インピーダンス測定手段と、性別、年齢、身長、体重の個人データを入力する個人データ手段と、これら人体インピーダンスと個人データに基づいて体脂肪率を表示する体脂肪率表示手段と、を備えて成る。

【効果】

【0007】
本考案によれば、マッサージチェアーに、足載具を座部に対して前後方向に移動させることができるスライド装置を装着することで、着座中に楽な姿勢で太もも、膝裏、脹脛、足首等の脚部全体を効率よくマッサージすることができる。また、前記スライド装置は、前記足載具の底部に設けた一対の保持具と、該保持具内に収容したレールと、前記保持具の一方に装着した、前記保持具と前記レールとを固定またはスライド自在とする操作具とを備えることで、複雑な構造を必要とせず、足載具を所望の位置に容易にスライドすることができる。

(57)【要約】

【課題】着座中に背中や腰を心地よくマッサージすると共に、楽な姿勢で太もも、膝裏、脹脛、足首等の脚部を広範囲に、かつ効率よくマッサージすることができるマッサージチェアーを提供する。【解決手段】内部にマッサージ具3を収容した背凭れ2と、該背凭れ2をモータにて角度調節自在に連結した座部4と、該座部4の先端に起伏自在に装着した、マッサージ具を収容した足載具5とを備えてなるマッサージチェアー1において、前記足載具5を前記座部4に対して前後方向に移動可能なスライド装置10を装着した。前記スライド装置10は、前記足載具5の底部に設けた一対の保持具11と、該保持具11内に収容したレール13と、前記保持具11の一方に装着した、前記保持具11と前記レール13とを固定またはスライド自在とする操作具20とを備えてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):