(54)【考案の名称】イカ釣り針の傘針固定構造およびイカ釣り針

(51)【国際特許分類】

A01K 85/00 擬似餌

(73)【実用新案権者】株式会社浅利研究所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1−1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はイカ釣り針の傘針固定構造およびイカ釣り針に係り、特に、釣られたイカや海流等によって力が加わった場合であっても、針の屈曲変形、各針が左右に移動して相互に接近する不具合等を効果的に防止することのできる、イカ釣り針の傘針固定構造およびイカ釣り針に関する。

【従来の技術】

【0002】
本願出願人は、イカ釣り針において、傘針の折曲げ部を被覆する補強板の周囲に凹凸襞を圧搾形成し、その凹凸襞によって補強板自体を強固にするとともに、傘針の各針の折曲げ部を襞内に嵌合させる構造を、過去において考案した(特許文献1)。これにより、針の折曲げ部が補強されて、針にイカが引っ掛けられて緊張しても、針が屈曲変形したり、各針が左右に移動して相互に接近したりするような不具合を、ある程度は解消することができる。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案のイカ釣り針の傘針固定構造およびイカ釣り針は上述のように構成されるため、これによれば、イカ釣針を引き上げる際の水の抵抗の増加や、横方向から当たる海流等の力を受けても、イカ釣針が振れたり重くなったりする不具合や、針の屈曲変形の不具合、さらにはまた、各針が左右に移動して相互に接近する不具合を、より効果的かつ実用的に防止することができる。
【0010】
つまり本考案の構造は、傘針の底部全体を被覆し、それ自体に水の抵抗が大きく掛かるような幅広で深い椀形の従来技術とは異なり、より小径かつ浅い構造を用いるものであり、それ故に、イカ釣針を引き上げる際の水の抵抗は相当小さくなり、したがってイカ釣針が振れたり、重くなったりすることが、有効に防止される。それにより、針の屈曲変形や、各針が左右に移動して相互に接近するような不具合も防止される。
【0011】
また、イカ釣針に対して横方向から当たる海流等の力も、従来技術より軽減されるため、海流等により流される不具合も相当軽減され、各針が左右に移動して相互に接近するような不具合が防止される。特にそでイカのような大型のイカ用の釣針においては、これら本考案の効果は絶大なものがある。

(57)【要約】

【課題】 イカ釣針を引き上げる際の水の抵抗等の力を受けても、イカ釣針が振れたり重くなったり、針の屈曲変形、各針が左右に移動して相互に接近する不具合を防止できる、イカ釣り針の傘針固定構造を提供すること。【解決手段】 イカ釣り針の傘針の折曲げ部の一部を被覆してこれを固定するための傘針固定構造は、該傘針3を構成する各針をそれぞれ個別に嵌合させるための溝を備えた波形ワッシャー1と、該波形ワッシャー1を該傘針3に対して押圧するための補強用ワッシャー2とからなることを、基本的な構成とする。該波形ワッシャー1の径は、該傘針3の径よりも小さくする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):