(54)【考案の名称】シールによる超小型本

(73)【実用新案権者】有限会社松山シール印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、シールによる超小型本に開し、テープ状の図柄シールを使用し多数個の図柄を仕切って折り曲げることにより超小型本を作成するもの等の分野に属する。

【従来の技術】

【0002】
従来では、色々な図柄を連続に並べたテープ状のシールを適宜の台紙に貼付して図柄シールとしたもの等が出願されている。(例えば、特許文献1参照)

【効果】

【0009】
請求項1の考案では、上記作用の如く、適宜長さの図柄シール(1)を無端帯状とした多数個の連続した図柄(2)を、各別に仕切った折曲線(4)に沿って折曲させることにより、背表紙部(3)を軸として見開き可能とする超小型本を図柄シール(1)を使用して簡単容易に作成することができるから、この超小型本を作成する楽しみや、各種の異なった図柄(2)の超小型本を集める楽しみ等の他、ユニークな超小型本として付録やおまけ等各種の用途に利用することができる。
【0010】
請求項2の考案では、上記作用の如く、一枚のシート(5)状としてコンパクトに纏めて連接している複数片の適宜長さの図柄シール(1)を、必要の都度シート(5)から一片毎に簡単容易に順次切り離し、この切り離した図柄シール(1)を使用して超小型本を作成することができるから、複数片の図柄シール(1)のばらけた状態を簡便に収納することが可能となり、取扱い上の煩わしさを解消することができる。

(57)【要約】

【課題】図柄シールにおけるユニークな利用方法の提供。【解決手段】台紙(a)に貼着したテープ状の図柄シール(1)に多数個の図柄(2)を均等に連続配置しているものにおいて、適宜長さの図柄シール(1)の両端部を背表紙部(3)として無端帯状に接続させ、多数個の連続した図柄(2)を折曲線(4)により各別に仕切り見開き可能に折り曲げてシールによる超小型本を構成させると共に、該図柄シール(1)を複数片纏めて一枚のシート(5)状に形成し、必要に応じ分離して使用可能としたシールによる超小型本の構成とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):