(54)【考案の名称】自動車のハンドルの無線電話ダイヤル装置

(73)【実用新案権者】精元電腦股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自動車のハンドルの無線電話ダイヤル装置に関し、特に、自動車のハンドルに設置され、ブルートゥース無線伝送機能を有する無線電話ダイヤル装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話は、いつでも通信できる便利性を有し、また、情報交換やビジネスチャンス把握の即時性を有するため、使用普及率が高くなりつつ、情報伝送に不可欠な通信設備になり、従来、ドライバは、走行中、携帯電話を掛ける場合、手をハンドルから離れ、頭を下げて携帯電話を捜して、即ち、ドライバの視線を自動車の走行方向から外れて、手持ちの携帯電話をダイヤルするため、走行安全性が急に低減され、また、従来の自動車ダイヤル通信装置は、使用する時、不便であり、また、携帯電話のボタンをハンドルに設ける市販品があるが、携帯電話のボタンとハンドルとの全体設計が、人間工学的でないため、ドライバは、片手をハンドルから離れてボタンをダイヤルする必要がある。

(57)【要約】

【課題】自動車のハンドルの無線電話ダイヤル装置を提供する。【解決手段】ホストとサブホストとが含有され、サブホストは伝送インターフェースを介して信号をホストへ送信し、ホストがブルートゥース携帯電話へ信号を発射し、ホストとサブホストは、上蓋、ボタンセット、回路板、ベース、バッテリベース及び治具ベースとがそれぞれ含有され、上蓋はやや長い円弧状である蓋体であり、ボタンセットはダイヤル表示の長いシート状であるボタンセットを金属弾性シートに設け、金属弾性シートの縁は上蓋の縁の下部に係合され、長いシート状であるボタンが付勢状態になり、回路板の上にブルートゥース送信器が設けられ、ベースが一体的に上蓋に螺着され、治具ベースは上治具ベースと下治具ベースとが対向して係合し、自動車のハンドルに挟むように固定され、ボタンダイヤル装置は一体的に治具ベースに螺着され、二つの分離したダイヤルボタン装置を、それぞれ自動車のハンドルの両側に組み立てる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):