(54)【考案の名称】メニューブック

(73)【実用新案権者】有限会社シンビ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、メニューを表示してあるメニュー用紙を差し入れることができるメニューブックに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
メニューブックとして、例えば意匠登録第853088号公報に記載の「メニュー」や特開2005−199585号公報に記載の「メニューブック」(以下「従来例1」及び「従来例2」という。)などが提案されている。
従来例1は、透明の二つ折りのメニューファイルの内側の両側に一辺側が開口されたメニュー用紙用の収納部を形成し、両収納部の開口からメニューが印刷されたメニュー用紙が差し入れられ、少なくともメニューファイルの内側の左右両側にメニュー表示部が構成されるものである。
従来例2はカバー部、メニューファイル及びメニューピンを備えている。上記カバー部は第1表紙部と、第2表紙部と、背表紙部とを一体連結し、この背表紙部を中心として二つ折り可能なものである。カバー部の内側には、メニューファイルとして、メニューが書き込まれた用紙を挿入自在とした袋状のファイルが折込部を中心として2連状態に形成されている。このようなメニューファイルをカバー部の内側にセットして、中央部の上下両側からメニューピンで挟んでカバー部に固定する。

【効果】

【0005】
この考案によれば、薄形のカバー部に綴じ具を一体的に設け、この綴じ具にメニューファイルを取り付けているので、取り扱いを簡易にすることができる。

(57)【要約】

【課題】 取り扱いを簡易にするメニューブックを提供する。【解決手段】 薄形のカバー部1は折り込み部11を中心として折り込み可能であって、このカバー部の上記折り込み部の内面上に止め具21によって綴じ具2を固定し、この綴じ具に取り外し可能のメニューファイル3を取り付けてあり、綴じ具2の本体に間隔を置いて複数の開閉可能なリング状の綴じ環22を起立し、メニューファイルがメニュー用紙4を開口部32から収納可能である透明の袋状のファイル部31を有しており、一辺に複数の綴じ孔33を開けてあり、上記メニューファイルの各綴じ孔は、上記綴じ環に係合可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):